駄菓子ノート
駄菓子屋のおばあさん

魚介加工食品の駄菓子1

魚加工食品の駄菓子は、「お菓子」というより「食料」という感じの方が強い駄菓子ではないでしょうか。お腹がすいているときには、購入してしまう駄菓子かと思います。「焼肉さん太郎」「蒲焼きさん太郎」のシリーズ、「タラタラしてんじゃね〜よ」や「BIGカツ」が有名(ゆうめい)ですよね。

魚加工食品の駄菓子の基本原料は?

魚肉す り身…魚の身をすり身に加工したもの

みりん…甘みを与えるのに使われます

甘味料…全体的に甘みを与えるのに使われます

焼き肉さん太郎

焼き肉さん太郎(写真1)

焼き肉さん太郎(写真2)

・味:

・価格:10円
・製造元:菓道5
・原材料:魚肉すり身、小麦粉、イカ粉、しょうゆ、みりん、砂糖、香辛料、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、ソルビット、甘味料(カンソウ、ステビア)(原材料の一部に大豆を含む)

菓道さんから発売している「○○さん太郎」シリーズの魚加工食品駄菓子です。袋を開けると、一枚だけ入っており、甘いしょう油の香りが漂ってきます。焼肉とありますが、焼き肉の味とは少し遠い感じがします。口の中で甘いしょう油の味が広がり、噛んでいると、魚の珍味の味がします。

これは材料に魚肉すり身を使用しているからでしょう。歯応えはしっかりしており、歯でちぎるときは結構力が必要ですので、歯に自信のない方は無理してちぎろうとせず、一枚をそのまま食べるようにしたほうが良いかもしれませんね。

蒲焼きさん太郎

蒲焼きさん太郎(写真1)

蒲焼きさん太郎(写真2)

・味:

・価格:10円
・製造元:菓道5
・原材料:魚肉すり身、小麦粉、イカ粉、しょうゆ、みりん、砂糖、香辛料、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、ソルビット、甘味料(カンソウ、ステビア)(原材料の一部に大豆を含む)

菓道さんから出ている「○○さん太郎」シリーズの魚加工食品駄菓子です。袋をあけると、一枚だけ入っており、甘いしょう油の香りが漂ってきますが焼肉さん太郎より若干魚臭さが感じられます。蒲焼きとありますが、蒲焼きの味とは少し遠い感じがします。

口の中で甘しょう油の味が広がります。魚肉すり身を原料としていますので珍味の味も後から確認できました。結構固いので少しずつ食べようとするとアゴが疲れてしまいます。一気食いがオススメですね。

酢だこさん太郎

酢だこさん太郎(写真1)

酢だこさん太郎(写真2)

・味:

・価格:10円
・製造元:菓道K
・原材料:魚肉すり身、小麦粉、イカ粉、しょうゆ、醸造酢、砂糖、香辛料、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、ソルビット、甘味料(カンソウ、ステビア)(原材料の一部に大豆、乳を含む)

菓道さんから出ている「○○さん太郎」シリーズの魚加工食品駄菓子です。袋を開封すると「お酢」の酸っぱい香りで周辺が満たされます。酸っぱいものが苦手な方はこの時点で口の中に唾液が溜まってしまうかもしれませんね。

表面は酢がまぶされていますので、ぬるぬるしています。指先が汚れてしまいますね。歯応えはこのシリーズにしては柔らかいほうです。酢だこの味に似ています。酸っぱい物は得意なのですが、これはなかなか酸っぱいですね。

甘いか太郎

甘いか太郎(写真1)

甘いか太郎(写真2)

・味:

・価格:10円
・製造元:菓道K
・原材料:魚肉すり身、小麦粉、イカ粉、しょうゆ、醸造酢、砂糖、ごま、香辛料、魚卵、調味料(アミノ酸等)、酸味料、カラメル色素、乳酸ナトリウム、甘味料(カンソウ、ステビア)(原材料の一部に大豆、乳を含む)

菓道さんから出ている「○○さん太郎」シリーズの魚加工食品駄菓子です。この駄菓子だけ「さん」がつかないのは不思議です。袋を破ると甘い珍味の匂いが周囲に広がります。

表面には「白ごま」がついており、甘ダレがべっとりついていますので、指で持つと汚れてしまいます。袋から全部出さないで食べるのがポイントですね。白ごまの風味と甘ダレの甘みが見事にマッチしています。「○○さん太郎」シリーズの駄菓子の中では柔らかい方ですので食べやすいですね。