駄菓子ノート
駄菓子屋のおばあさん

チョコ駄菓子2

チープな味のするチョコレートと、おいしい味のチョコレートは何が違うのでしょうか。ここでは、10〜30円で買えるチョコ駄菓子を紹介します。食べくらべをしてみたので、見た目や味で選ぶときの参考にしてくださいね!

三角くじチョコ

三角くじチョコ(写真1)

三角くじチョコ(写真2)

・味:

・価格:10円
・製造元:ジャック製菓
・原材料:砂糖、植物油脂、カカオマス、ココアケーキ、脱粉、レシチン(大豆由来)、香料

三角形の形をして、三角くじと書かれているチョコレートです。戦隊ものの字みたいで格好良いです。チープな味がします。でも、「かんばんシールチョコ」よりはおいしい感じがしました。当たりくじつきです。

クランチチョコレート

クランチチョコレート(写真1)

クランチチョコレート(写真2)

・味:

・価格:10円
・製造元:丹生堂本舗
・原材料:砂糖、カカオマス、全脂粉乳、植物油脂、脱脂粉乳、ココアバター、カル生地、乳化剤(大豆由来)、香料

瓶の王冠のような形をして、CRUNCHという文字が入っています。当たりくじつきで、中に金券と書かれた紙が入っています。クランチが小さい印象があって、さくさく感は控えめです。普通のチョコレートとしておいしく食べられます。似ているものに、同じ丹生堂本舗の「レモンラムネ」があります。

うまい棒チョコレート

うまい棒チョコレート(写真1)

うまい棒チョコレート(写真2)

・味:

・価格:10円
・製造元:リスカ(販売元はやおきん)
・原材料:砂糖、植物油脂、コーン、全粉乳、カカオマス、ココア、小麦、脱脂粉乳、乳化剤(大豆由来)、香料

コーンの香りがものすごくして、食べる前に咳き込みました。ほかのうまい棒に比べると、ひと回り小さいサイズになっています。チョコの味は普通のおいしいチョコです。さくっとして軽い食感で口溶けが良いので、食べやすいです。実際にうまい棒シリーズを食べている人にとって、このチョコレートは小さいので、その分おいしいのだろうと、リッチな気持ちになるのだそうです。冬限定なので、寒い季節に買いだめしちゃいましょう♪

当てていいともチョコ

当てていいともチョコ(写真1)

当てていいともチョコ(写真2)

・味:

・価格:10円
・製造元:ジャック製菓
・原材料:砂糖、植物油脂、カカオマス、ココアケーキ、脱粉、レシチン(大豆由来)、香料

当たりくじつきで、パッケージをめくると、金額が書いてあります。大きく100円と書いてありますが、別に100円玉に似せようとしているようにも見えず、その半端ぶりが良いです。ジャック製菓のチョコは、単品では名前が書いていないことが多くて、何ていうチョコなのか判りにくいところも駄菓子っぽいです。粉末ココアを食べているような、かんばんシールチョコに近い味がします。

チロルチョコミルク

チロルチョコミルク(写真1)

チロルチョコミルク(写真2)

・味:

・価格:10円
・製造元:チロルチョコ
・原材料:砂糖、全粉乳、植物油脂、ココアバター、乳糖、カカオマス、脱脂粉乳、ホエーパウダー、クリームパウダー、クリーム、クリームチーズ、乳化剤(大豆由来)、香料

チロルチョコの中でも、1990年から長く安定した人気を保っている、ミルク味のチョコレートです。チョコの中に入ったミルククリームがとても濃いです。10円にしてはこっていて、コンビニでも定番のような位置にあるので、駄菓子なのか?といわれるほどになりました。ひと回り大きい20円のチロルチョコもあります。

元気ボール

元気ボール(写真1)

元気ボール(写真2)

・味:

・価格:10円
・製造元:ジャック製菓
・原材料:砂糖、植物性油脂、カカオマス、ココアケーキ、全粉乳、レシチン、小麦粉、卵、水飴、ソルビット、ブドウ糖、ショートニング、膨張剤、香料

直径3cmくらいのチョコが1個入っています。まんまるともいえない、いびつな形です。カステラみたいなスポンジにチョコレートがかかっていて、スポンジがやわらかいのですが、乾いた感じがします。チョコレートはジャック製菓に多い、チープな味がします。いかにも駄菓子な味を試したい方におすすめします。

すしくいねえチョコ

すしくいねえチョコ

・味:

・価格:10円
・製造元:ジャック製菓
・原材料:砂糖、植物油脂、ココアケーキ、脱脂粉乳、乳糖、カカオマス、乳化剤(大豆由来)、香料

中トロ・エビ・あじなどたくさんの種類があります。並べて遊ぶと面白そうですね。ふたを開けると、当たりくじのついたシールが入っています。今回ははずれ。シールも「ガクッ」と書かれています。

パッケージからチョコを出すと、シャリのつぶつぶした感じが再現されています。すしチョコではなく、シャリチョコにしか見えません。ジャック製菓のお菓子の中では、甘味があって安っぽい味がひかえめ、割とおいしいチョコでした。

日本一ながーいチョコ

日本一ながーいチョコ

・味:

・価格:30円
・製造元:リスカ
・原材料:コーン、砂糖、植物油脂、全粉乳、カカオマス、ココア、小麦、ピーナッツ、脱脂粉乳、乳化剤(大豆由来)、卵殻カルシウム、香料

見た目は「うまい棒チョコレート」に似ているのですが、上の穴の部分までチョコレートがかかっているせいか、コーンよりチョコの味が強く、ピーナッツの香りがします。「ビックリマンチョコレート」に近い味です。「うまい棒チョコレート」や「スーパーBIGチョコ」に比べると、硬い感じがします。日本一ながいという名前ですが、「スーパーBIGチョコ」のほうが長かったりします。

どらチョコ

どらチョコ(写真1)

どらチョコ(写真2)

・味:

・価格:30円
・製造元:やおきん
・原材料:糖類(砂糖・水飴・はちみつ)、小麦粉、鶏卵、食用油脂、牛乳、加糖脱脂練乳、脱脂粉乳、でん粉、ココア、みりん、やまいも粉末、ソルビトール、乳化剤、膨張剤、香料、保存料(ソルビン酸)、pH調整剤、増粘多糖類、クチナシ色素、酸味料、リン酸塩(Na)、(原料の一部に大豆油・豚脂・魚油(魚介類)を含む)

チョコレートのクリームを挟んだ小さなどら焼きです。皮がしっとりと香ばしくておいしいです。チョコクリームは、チョココロネに使われているような味がします。チョコと皮を同時に食べても、チョコの甘味して、後味が残る程度で、程よく調和しています。チョコレートを食べたい人というより、チョコレート入りのどら焼きを食べたい人に向いていると思います。あんこが苦手な人もどうぞ。